Category: 猫

tomcat-1480466954-24-0.jpg
12月 2nd, 2016 by わんにゃんまとめ王国管理人


1 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/30(水) 09:49:14.51 ID:9TkevKky0.net
サボりたいからサボってるわけじゃない

Read more of this article »



Posted in

viper-1480480411-24-0.jpg
12月 1st, 2016 by わんにゃんまとめ王国管理人


1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/11/30(水) 13:33:31.196 ID:rI9TtFI30.net
犬もいいな
もふもふしたい

Read more of this article »



Posted in

viper-1480309963-24-0.jpg
11月 30th, 2016 by わんにゃんまとめ王国管理人


1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/11/28(月) 14:12:43.002 ID:HNk24+w60.net
楽しいンゴ〜

Read more of this article »



Posted in

ai-1480017835-24-0.jpg
11月 26th, 2016 by わんにゃんまとめ王国管理人
1 :ニライカナイφ ★ 2016/11/25(金) 05:03:55.51 ID:CAP_USER9.net
◆毛の色や柄によって違うってホント?種別でみる猫の性格分析

一般的に、猫は勝手気ままでそっけない性格と思われがちですが、猫を飼ったことがある人なら、猫の性格はそれぞれ違うと感じていることでしょう。
中には犬にも負けないほどの甘えん坊だっているんです。

そんな猫ですが、実は昔から「猫の性格は毛色によって違う」と言われていたのを知ってましたか?
まだまだ正式な研究発表はないようですが、猫の毛色や柄と性格の関係をまとめてみました。
もちろん、猫の育った環境や遺伝などで一概には言えませんが、豆知識として知っておくといろいろ役立ちそうですよ。

[茶トラ]
マンガの「ホワッツマイケル」や映画「子猫物語」のちゃとらんなど、猫の代名詞ともいうべき存在の「茶トラ」柄。
性格は明るくおちゃめで人懐こい性格だと言われています。
三毛猫がメスばかりなのは有名ですが、茶トラもほとんどがオスだと言われています。
猫同士でも仲良くなれるので多頭飼いにも向いているそうです。

[キジトラ]
日本の雑種の中でも特に多いと言われているキジトラ柄。
性格は警戒心が強くて野性的なタイプと甘えん坊タイプの2パターンにわかれるそうです。
警戒心が解けると、思い切り甘えん坊に豹変する猫も少なくないそう。
活発に運動するのが好きなので、おうちの中でもしっかり運動させてあげましょう。

[サビ]
ミステリアスな印象のサビ猫は、とても穏やかで優しい性格。
ほとんどがメスですが、三毛猫のようなお嬢様気質ではないのも魅力の一つ。
普段はとても穏やかですが、やきもち焼きな一面も。
一度機嫌を損ねるとその状態が続くこともあるので注意しましょう。

[黒]
物語の中では魔女のパートナーだったり、黒猫が横切ると不吉な事が起こる……などの迷信があったり、猫の世界の中ではクールで(黒だけに)ダークなイメージがある黒猫ですが、実は人懐こい性格だと言われています。
獣医さんからも「診察中も静かでいい子」と人気があるそう。
飼い主や住環境についても理解があり、空気を読むのが上手な猫としても知られています。

[白]
基本的にクールでマイペースなのが白猫の特徴だそう。
飼い主との適度な距離を保ちつつ快適な環境を自分で作るのが上手なようです。
神経質で繊細な部分もあるので、甘えてこないからといってほったらかしにはせず、きちんと様子をうかがいながらフォローすることが大切なようです。



[グレー&ブラックスモーク]
ロシアンブルーなどが代表的なグレー&ブラックスモークカラーの猫。
性格は黒と白の中間くらいといわれています。
ストレートな愛情表現が苦手で、こっそり隠れて飼い主さんをじっと見つめているなんてことも。
ただ、頑固な一面もあり、なかなか自分の意志を曲げないのも特徴の一つです。

[黒×白のハチワレ猫]
ハチワレ猫は柄の出方によってワイルドに見えたりユーモラスに見えたりするので、その外見で性格を判断しがちですが「とても賢い」か「おっちょこちょい」かのどちらかに性格が分かれるそうです。
冒険は苦手で内弁慶な性格。
警戒心が強く用心深い性格ですが、遊び好きな面も。遊びを通してコミュニケーションをとることが関係を深めていく大きなカギになります。

[三毛猫]
三毛猫はほとんどがメスといわれています。
お嬢様気質で気が強くミステリアスな性格のコが多いと言われています。
また、三毛猫は他の猫よりも母性本能が強いとも言われています。

このように、猫の毛色によって性格が違うようですが、飼い主さんとの関係性の中でも猫の性格は変わってくることもあります。

(▼続きは以下のURLでご覧下さい)

@DIME 2016/11/24(木) 20:06
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161124-00010009-dime-sci

Read more of this article »



Posted in

hayabusa-1463771966-25-0.jpg
11月 24th, 2016 by わんにゃんまとめ王国管理人


1 :名無しさん@おーぷん
呼ぶとガン見してくるところ!

Read more of this article »



Posted in

viper-1479881850-24-0.jpg
11月 24th, 2016 by わんにゃんまとめ王国管理人


1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/11/23(水) 15:17:30.178 ID:XaHjlBbz0.net
描いてけ

Read more of this article »



Posted in

viper-1479805050-24-0.jpg
11月 23rd, 2016 by わんにゃんまとめ王国管理人


1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/11/22(火) 17:57:30.454 ID:DoR0NG4N0.net
どないしてくれんねん

Read more of this article »



Posted in

tomcat-1479637257-24-0.jpg
11月 21st, 2016 by わんにゃんまとめ王国管理人


1 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/20(日) 19:20:57.69 ID:xEBLhpNq0HAPPY.net
風呂場に連行されたうちの猫

洗った後

Read more of this article »



Posted in

viper-1479560363-24-0.jpg
11月 21st, 2016 by わんにゃんまとめ王国管理人


1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/11/19(土) 21:59:23.123 ID:AQGPffkL0.net
猫の成長するスピードってすごいわ
初日

Read more of this article »



Posted in

ai-1479372330-24-0.jpg
11月 19th, 2016 by わんにゃんまとめ王国管理人
1 :ニライカナイφ ★ 2016/11/17(木) 17:45:30.65 ID:CAP_USER9.net
◆ネコはいつ、どこから来たの?

◇最古のネコ

ネコはいつ、どこで、どうやって飼い慣らされ、ヒトのそばで生活するようになったのかをみていきましょう。
世界的に研究が進むなか、分子系統学も新しい発見に寄与しています。

最初は時期について。
これまでは、古代エジプト人が約3600年前にネコを飼いはじめたといわれていました。
しかし、2004年、地中海のキプロス島で驚くべき発見がありました。
9500年前のお墓にヒトとネコが一緒に埋葬されていたのです。
ネコとの「同居」の歴史は、従来考えられていたより3倍近くも長かったことになります。

農耕が始まった時期には諸説ありますが、最終氷期が終わって温暖な気候になり、ヒトが移動しながらの狩猟採集生活から農耕生活に切り替えて定住するようになった証拠は、おもに約10000年前の遺跡から多く見つかっています。
農作物をつくって倉庫に貯蔵するようになると、それを狙ってネズミが倉庫に侵入し、繁殖していきました(イスラエルにある約10000年前の最古の穀物貯蔵庫跡から、ハツカネズミの骨が見つかっています)。
ネコは、このハツカネズミを狙ってヒトのそばで生活するようになったと考えられています。

さて、話をキプロスのネコにもどしましょう。キプロス島の9500年前のお墓から見つかったネコは8カ月の子ネコで、埋葬されていたヒトからちょうど40cmほど離れた小さなお墓のなかに、ヒトと同じ西向きに埋葬されていました。
当時もいまも、キプロス島を含む地中海のほとんどの島に野生のネコ科動物はいないので、ヒトが船に乗せてネコを連れてきたのだと考えられます。

これは近くのレバント(東部地中海沿岸地方)あたりから運ばれたとも推察されています。
わざわざネコを船に乗せて運び、ヒトと一緒に埋葬する……約10000年前の中東で、ヒトとネコが深い関係にあったことがわかります。
とくにお墓まで一緒に、という行為からはヒトの、ネコに対する愛情や信仰のような強い執着がうかがえます。



◇ネコの祖先が判明

このように約10000年前から、ネコはヒトのそばにいるようになりました。
最初は、ネズミを求めてヒトの住居に近づいたと考えられるので、ネズミを餌とする小型のネコ科動物がネコの祖先であることは確かでしょう(比較的大型のネコ科動物でも、ネズミなどの小型の餌を捕ることはありますが、ヒトのほうが身の危険を感じて撃退し、自分たちには近寄らせなかったはずです)。

ところが、これらヤマネコといわれる系統は、北はスコットランドから南はアフリカまで、西はスペインから東はモンゴルまで、ユーラシアとアフリカ全体に広く分布しており、現在、5つの系統に分けられています(リビアヤマネコ、ステップヤマネコ、ミナミアフリカヤマネコ、ヨーロッパヤマネコ、ハイイロネコ)。ですから、ネコの家畜化はさまざまな場所で始まり、各地でヤマネコが飼い慣らされて、いろんな品種のネコがそれぞれつくられたとしてもおかしくありません。
しかし、ネコが来た道は1本でした。

2007年、オックスフォード大学および米国立がん研究所のメンバーであるドリスコルらが、ヤマネコ系統とネコの遺伝子解析を行なったところ、イスラエル、アラブ首長国連邦、サウジアラビアの人里離れた砂漠に住む「リビアヤマネコ」という野生のヤマネコだけが、ネコとほとんど区別できないほどよく似た遺伝子パターンをもっていて、同じ系統であることがわかりました。
広範囲に分布し、5つに分かれているヤマネコ系統のなかで、中東のリビアヤマネコだけがネコの祖先だと判明したのです。

(▼続きはリンク先の記事ソースでご覧ください)

PHP Online 衆知 2016年11/17(木) 12:30
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161117-00010000-php_s-bus_all&pos=5
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161117-00010000-php_s-bus_all&p=2

Read more of this article »



Posted in