Category: どうぶつニュース

ai-1480474651-24-0.jpg
12月 2nd, 2016 by わんにゃんまとめ王国管理人
1 :ニライカナイφ ★ 2016/11/30(水) 11:57:31.10 ID:CAP_USER9.net
◆サメ・エイ用いた犬猫用の餌開発 栄養価高く、コラーゲン、グルコサミンも豊富…身から内臓まで余すとこなく

食用にされることの少ないサメの製品化に取り組んでいる洲本市由良の水産加工会社「武田食品冷凍」が、
これまでほとんど利用されていなかった小型のサメやエイを用いた犬猫用のペットフード「サメ・エイ煮こごり」を開発し、
30日から販売を開始する。
身から内蔵まで余すことなく用いて栄養価が高いのが特徴で、同社は「犬猫の健康にも貢献できる」と期待している。

◇体内に尿素…アンモニア臭払拭が課題

すり身の材料やフカヒレというイメージがあるサメだが、体内に尿素を含んでいるため、
鮮度が落ちるとアンモニア臭を発する点が課題となっていた。
同社は20年以上前から上水道をセラミック片や竹炭入りのタンクで濾過(ろか)して独自に無菌の軟水を作り出すことに成功。
同社によると、この水にサメやエイを2時間程度さらすとアンモニア臭が消えたため、食用として料理店などに提供、好評を得てきた。

新商品では重さ1キロ未満で十分な身が取れないことから食用としては出荷されていなかったサメやエイを使用。
同社のある由良漁港など淡路島内で水揚げされたものを用い、高齢の犬猫でも食べられるよう約1時間半かけて、
炊き上げてから冷ましてゼリー状の「煮こごり」にした。

◇犬猫も夢中で食べてくれる

武田康平社長によると、内臓なども用いられているため栄養価が高く、
コラーゲンやグルコサミンなども豊富に含まれているのが特徴という。
さらに未利用品に価値が付くことで、漁師の収入増も期待できる。



武田社長は「味も良いようで、犬猫も夢中で食べてくれる。
食品添加物は加えないなど安全面にも配慮した」と話している。

100グラムで税抜き380円。
島内の土産物店などで販売し、来春には全国販売する予定。

(▼続きは以下のURLでご覧下さい)

写真:犬猫用のペットフード「サメ・エイの煮こごり」をPRする武田康平社長=神戸市中央区

産経WEST 2016.11.29 14:04
http://www.sankei.com/west/news/161129/wst1611290029-n1.html
http://www.sankei.com/west/news/161129/wst1611290029-n2.html

Read more of this article »



Posted in どうぶつニュース

hayabusa3-1480305925-24-0.jpg
12月 1st, 2016 by わんにゃんまとめ王国管理人


1 :ときめきメモリアル(catv?)@\(^o^)/ <small>[EU]</small> 2016/11/28(月) 13:05:25.45 ID:TNxZuAyW0.net
栃木県日光市の世界遺産、日光東照宮の国宝の彫刻「眠り猫」が28日、
約60年ぶりのお色直しを終え、朱や緑など鮮やかな極彩色がよみがえった。

眠り猫は江戸時代初期の名工・左甚五郎の作とされ、
「日光」にちなみ日の光を浴びてうたた寝する猫が彫られたと言われる。
傷みが目立ったため、日光社寺文化財保存会が今年6月取り外し、
古い絵の具を洗い落とし、下地作りや彩色の工程を繰り返して仕上げた。

取り付け作業は、眠り猫が元々あった奥宮参道入り口で行われ、
保存会職人らが高さ約2.5メートルの壁面に慎重に取り付けた。

「見ざる、言わざる、聞かざる」で知られる彫刻「三猿」も修復中で、来年3月にも作業を終える。

写真:お色直しを終えて元の場所に取り付けられる国宝「眠り猫」

以下ソース:毎日新聞 2016年11月28日 11時11分(最終更新 11月28日 11時17分)
http://mainichi.jp/articles/20161128/k00/00e/040/160000c

修復前

Read more of this article »



Posted in どうぶつニュース

ai-1480301184-24-0.jpg
11月 28th, 2016 by わんにゃんまとめ王国管理人
1 :ニライカナイφ ★ 2016/11/28(月) 11:46:24.51 ID:CAP_USER9.net
◆視覚・聴覚・嗅覚…猫の不思議な五感のお話

〜視覚編〜
猫のあの大きな目の視力は実は人間の10分の1ほどで、
10〜20m以内のものでないと正確に判別できないとされています。
ただし、視野はとても広く、真正面をむいたとき、
人間の視野は全体で200度程度なのですが、猫は全体で280度もあります。
また動くものには敏感で、対象が50m離れていても、その存在を感知できると言われています。

〜聴覚編〜
猫は耳が良い!というのは猫さんを飼っている人なら実感できると思います。
じつは低音を聞き取る能力は人間や犬と大差ありません。
敏感なのは高音で、人間の3倍以上の可聴域があると言われています。

では、なぜ猫は人間よりも耳が良いのでしょうか?
その理由は以下のものです。
人間よりも1万本も耳の神経が多く、約4万本あります。
耳の筋肉が発達していて、耳を180度回転させることができます。
これにより効率的に音を集めることができます。
左右の耳を別々に動かすことができるため、音源を正確に探すことができます。

猫が声を出さずに「にゃー」と言っているような行動を目にしたことはありませんか?
じつはこのとき人間には聞こえない音をだしていると推測されています。
いわゆる超音波というやつです。
声にはなっていなくても超音波でコミュニケーションを取っていたんですね。

〜嗅覚編〜
人間と暮らす猫は視覚や聴覚を失っても、飼い主がケアすれば生きていくことができます。
でも嗅覚を失ってしまったら、生きていくことが非常に難しくなります。
なぜなら猫は飼い主も、仲間も、ごはんも匂いで判断しているからなのです。
犬ほどではありませんが、猫の嗅覚はとても発達しており人間の数万〜数十万倍といわれています。

ロイヤルカナンというペットフードメーカの研究では、
毛色の濃い猫のほうが薄い猫よりも嗅覚が発達しているという、おもしろい結果がでています。
嗅覚をつかさどる脳の中の「嗅葉」というところの色が濃いほど嗅覚がするどいらしく、
嗅葉の色と毛色は比例関係にあるそうです。



〜触覚編〜
人が最もよく触覚を感じるところは手ですが、猫の場合はなんといってもヒゲになります。
よく、ヒゲで狭いところを通れるか判断する、ということを聞いたことがありませんか?
猫の顔には、ヒゲが長いものも短いものも合わせて30本ほどはえていますが、
そのヒゲの先を結んだ円の範囲が猫の通れる範囲と言われています。

ちなみに猫のヒゲは顔以外にも生えています。どこだかわかりますか?
代表的なものは前足の後ろに生えています。
ぜひ、愛猫の前足の後ろをチェックしてみましょう。

〜味覚編〜
猫は甘味や塩味はあまり感じませんが、酸味には敏感です。
これは獲物が腐ってないかを判断するのに重要だからです。
また、水の味にも繊細で、常に新鮮でおいしい水を求めています。
味を感じる細胞である「味蕾(みらい)」の数は動物によっていろいろで、
味蕾の数が多いほどグルメだということになります。

猫は食べ物にうるさいといわれていますが、
じつは鮮度や酸味、苦みなど安全性にかかわることには敏感ですが、
それ以外の味には鈍感なんです。

@DIME 2016/11/28(月) 8:10
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161128-00010002-dime-life

Read more of this article »



Posted in どうぶつニュース

daily-1480156494-24-0.jpg
11月 27th, 2016 by わんにゃんまとめ王国管理人
1 :依頼509@アイスのふたの裏 ★ 2016/11/26(土) 19:34:54.63 ID:CAP_USER9.net
北九州・スペースワールド5000匹の魚を氷漬けにしたアイスリンクに非難の声 公式FBには残虐な表現も
「おっ・おっ・・・溺れる・・・くっ・くっ・苦しい・・・」などと公式FBが表記しています。
ねとらぼ(Kikka) 2016年11月26日 16時29分 更新
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1611/26/news033.html

 11月12日からテーマパーク「スペースワールド」(北九州市)で行われている、「5000匹の魚を氷漬けにしたアイスリンク上でスケートができる」という演出が炎上しています。

https://www.facebook.com/sw.spaceworld/posts/1003615559767295:0
https://scontent.xx.fbcdn.net/v/t1.0-0/p526x296/14650291_1003615559767295_2232688556936320927_n.jpg?oh=345f2e8d5178d62d4c3ecf4028c74bf6&oe=58C5E97A

Part.7
「おっ・おっ・・・溺れる・・・くっ・くっ・苦しい・・・」
「ジンベイザメ・・・デカっ (+_+) 」


スペースワールド公式Facebookの残虐ともいえる表現

 問題となっているのは、同施設のアイススケートアトラクションの中で行われている「氷の水族館」という演出。スケートリンクの中に5000匹もの魚が氷漬けにされており、公式サイトでは「前代未聞のアトラクションで日本初、いや世界初間違いなし」と宣伝されています。


全ての魚が本物なのか……



 Twitterなどではリンクの中から魚の頭が飛び出していたという報告や、スケート靴のエッジが魚にこすったのか「氷に血がにじんでいた」という目撃談も寄せられています。

 さらに「何でまたこんな悪趣味な事をするんですかね?」「氷漬けにした魚のし体を踏みつぶしながら遊ぶとか狂気の沙汰としか…生命への冒涜かな?炎上商法かな?」「氷の水族館に狂気しか感じない」など倫理観についてのコメントも目立ちました。

 過去には氷で気仙沼市の魚を包んだ“氷のアート”が宮城県で展示されたことがありますが、今回は氷漬けにした魚の上を人間がスケートして遊ぶというシチュエーションに多くの人が疑問を感じているようです。

 なお、編集部はスペースワールドへ演出意図や批判について問い合わせています。

前スレ(★1のたった日時:2016/11/26(土) 18:06:55.84)
【ネット】北九州・スペースワールド5000匹の魚を氷漬けにしたアイスリンクに非難の声 公式FBには残虐な表現も
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1480151215/

Read more of this article »



Posted in どうぶつニュース

ai-1479943968-24-0.jpg
11月 26th, 2016 by わんにゃんまとめ王国管理人
1 :ぷらにゃん ★ 2016/11/24(木) 08:32:48.43 ID:CAP_USER9.net

格闘中に氷から抜け出せなくなった2頭のオスのヘラジカ(ムースとも呼ぶ)。彼らの最後の戦いは、文字通り凍結された。

2016年11月初旬、ベーリング海沿いの米国アラスカ州ウナラクリートで、厚さ20センチの氷に埋もれたヘラジカたちを2人のハイカーが見つけた。

「2頭のオスがメスをめぐって格闘しているうちに膠着状態になり、氷に閉じ込められたのだろう。このまま取り出して、世にも珍しい剥製を作りたい」と、
発見者に呼ばれてこのヘラジカを見に来たジェフ・エリクソン氏はフェイスブックに書いている。
そして数日後、同氏はヘラジカを氷から取り出し、「次はきれいに洗ってやらなくちゃ」と書いた。「たぶん一生に一度の経験だ」

このヘラジカを最初に見つけたのは、エリクソン氏の友人で、理科と社会科の教師をしているブラッド・ウェブスター氏。
最近アラスカに引っ越して来た別の友人とともに、自分が管理しているキャンプ場を見て回っている時のことだった。

 おそらく、2頭のヘラジカが縄張りかメスをめぐって争っているときに角が絡まってしまったのだろう、と2人はフェイスブックでコメントしている。
秋の繁殖期には、オスは他のオスに対して非常に攻撃的になりがちだ。
冷たい水に落ちて溺れ、そのまま気温の低下で急速に凍った可能性が高いというのが2人の考えだ。



カナダのアルバータ大学を引退した生物学者でヘラジカの専門家、ビル・サミュエル氏にとってもこんな様子を見たのは初めて。
だが、この動物の力の強さと角のでこぼこした形状を考えると、お互いの角が絡んで身動きが取れなくなることもあるだろうと語る。
「体の大きさが同じくらいのオス同士が、威嚇し合うだけでは優劣を決められない場合、まれにこういうことが起こります」

サミュエル氏によれば、角が絡まった2頭のヘラジカの頭骨はこれまでも時おり見つかっているが、氷の中で発見されたのは最近の記録では初めてだ。

オジロジカやアカシカの場合はヘラジカより角が絡み合いやすいが、それでも珍しいことに変わりはないとサミュエル氏。
同じように、ハクチョウでも争っているあいだに首が絡まってしまうことがたまにある。

「身動きが取れなくなった2頭のシカが、そのままコヨーテに食べられてしまったという話を聞いたことがあります」とサミュエル氏は付け加えた。
「自然もひどく意地悪なときがあるんですね」

http://natgeo.nikkeibp.co.jp//atcl/news/16/112200449/

Read more of this article »



Posted in どうぶつニュース

ai-1479745796-24-0.jpg
11月 24th, 2016 by わんにゃんまとめ王国管理人


1 :ニライカナイφ ★ 2016/11/22(火) 01:29:56.13 ID:CAP_USER9.net
◆釣り人がTwitterユーザーの指摘で九しに一生

19日、ある釣り人がTwitterの利用によって九しに一生を得たとして、反響を呼んでいる。
同日昼、とあるTwitterユーザーが、自身の釣った魚の画像とともに「でっかいカワハギ釣りました!!」「これからキモ醤油にして食べます!!!」と投稿した。

ツイート:https://twitter.com/narathiga/status/799835796547072000/
画像:

ところが、この投稿を見た別のユーザーから次々と指摘が入る。
この魚はカワハギではなくソウシハギであり、フグの70倍の毒を内臓に有し、人が食べた場合、高い確率でし亡するというのだ。
投稿には、このことを指摘する返信が複数あった。

■ツイート
https://twitter.com/dinosaur777888/status/799842091710889985
https://twitter.com/dinosaur777888/status/799842893879857152

その後、釣り人からは何の反応もなく、その身を案じる声が大きく巻き起こった。
そして、5時間ほどが経過したとき、ようやく釣り人は連絡がなかったことを詫び、指摘を受けて魚はリリースしたと報告。
釣り人は「ピピピって音なかったら即しだっ」とコメントし、Twitterのおかげで命が助かったことを伝えていた。

■ツイート
https://twitter.com/narathiga/status/799943679498559489
https://twitter.com/narathiga/status/799944957372952577

(▼記事を一部引用しました。全文は以下のURLでご覧ください)

トピックニュース 2016年11月21日13時11分
http://news.livedoor.com/article/detail/12312045/

Read more of this article »



Posted in どうぶつニュース

ai-1479817533-24-0.jpg
11月 23rd, 2016 by わんにゃんまとめ王国管理人
1 :ニライカナイφ ★ 2016/11/22(火) 21:25:33.68 ID:CAP_USER9.net
◆森田健作知事率いる千葉県で「カミツキガメ捕獲」専門家を募集 年収540万円から

求む“傭兵”!!となれば、テロ組織「IS」や内乱の続くアフリカを想像するが、募集元は、なぜか、国内の地方自治体。
目下、森田健作知事率いる千葉県が、凄腕のハンターを探しているというのだ。

もちろん、テロリスト対策というわけではなく、

「県内に生息しているカミツキガメを駆除するために、専門的な知識を持つ職員を公募することにしたのです」

というのは、千葉県環境生活部環境政策課の担当者。

カミツキガメと言えば、大型では体長約50センチにもなり、顎の力が強く、噛まれると大怪我をしかねない危険な外来生物。
北西部に位置する印旛沼水系には、昨年の推計で約1万6000頭も生息し、全国のなかでも、千葉県は生息数が多いとされている。

「エサを入れた籠を水中に沈める方法の罠で、2007年から、これまで6000頭ほど捕獲してきました。
今年はカメに発信器を付けて行動パターンを探ったところ、田んぼの水路といった、今まで捕獲していた場所以外にも、侵出していることが判明したのです。
このままでは、とても間に合わないので専門家にお願いすることにしました」(同)

ちなみに、昨年度は967頭、今年は1402頭と捕獲数を増やしているが、もはや、お手上げというわけである。



応募資格は、大学等で生物学を専攻し、かつ、民間や公的団体で生態調査の経験がある人物だそう。
採用後は、主査級ないしは副主幹級として、年収540万〜670万円が約束され、カミツキガメの新たな捕獲方法の開発と技術指導を任されることになる。

だが、気になるのは、3年間という期限付きだという点だ。
将来、ポイされると判っておきながら、今の職を捨ててまで来るカメ好きはいるのか。

「すでに、数件の問い合わせが来ていますので、まずまずだと思います」(同)

締切りは11月一杯。
年齢制限がないゆえに、定年したけど腕はまだまだ、と言う方は名乗りを上げてみる?

※「週刊新潮」2016年12月1日号掲載

(▼記事を一部引用しました。全文はリンク先の記事ソースでご覧ください)

デイリー新潮 2016年11月22日 16時59分
http://news.livedoor.com/article/detail/12318240/

Read more of this article »



Posted in どうぶつニュース

ai-1479631752-24-0.jpg
11月 23rd, 2016 by わんにゃんまとめ王国管理人
1 :砂漠のマスカレード ★ 2016/11/20(日) 17:49:12.32 ID:CAP_USER9.net
宅配便の荷物が届き、ふたを開けて中身を取り出し、「さて、段ボールを片付けようかな」と思うと、「ナニカ?」という顔ですっぽり収まる我が家の愛猫。
まるで元から自分のモノかのように。

この状況、猫を飼っているみなさんなら誰しも一度は経験があるはず。


(ネコ科の動物・ライオンも「箱」が好きなんですって)

「PETomorrow(ペットゥモロー)」によると、猫が「箱」に入りたがる大きな理由が2つありました!

ひとつは「身を隠すことで危険から身を守るため」。猫は、犬などと違って群れをつくらず、単独で行動する動物なので、群れで動く動物よりも警戒心が強いのだそう。
また、肉食の中でも体が小さいので、防御本能をして“箱に隠れる”という意識が働いていると考えられています。

猫って、1日の3分の2を寝て過ごすので、寝てるときは無防備な状態→襲われる危険性が高くなる→箱に身を隠す……ということにつながっているのだとか。

もうひとつの理由は「獲物から見つからないようにするため」。猫は“待ち伏せ型の捕食動物”です。
物陰で身を隠し、近づいてきた獲物(または飼い主さんの足)を捕まえるので、いろんな場所に置いてある箱に次々と入っては、
どの箱がいちばん獲物(もしくは飼い主さん)を狙いやすいか、使用感を確かめているのかも、という話!



ちなみに、猫は、自分の体のサイズ程度の小さな箱が落ち着くそう。だから窮屈な箱でも気持ちよさそうに寝ているのですね……。

猫が必ずやること、といえばコンビニなどの“シャカシャカ”音がなるビニール袋も大好きで、よくじゃれていますよね。あれも、狩猟動物の本能。触って形が変わったり、風で舞い上がって動くビニール袋に反応しているんです。

「箱」と「ビニール袋」が大好きな猫。理由がわかれば、ますます猫の行動に愛着が生まれますね


http://news.livedoor.com/article/detail/12308065/
2016年11月20日 11時30分 Woman Insight

Read more of this article »



Posted in どうぶつニュース

ai-1479769645-24-0.jpg
11月 23rd, 2016 by わんにゃんまとめ王国管理人


1 :動物園 ★ 2016/11/22(火) 08:07:25.71 ID:CAP_USER9.net
【困ったニャン騒動】
山梨県庁が猫の新名所に 猫ファンVS近隣住民 知事は「共生」表明

山梨県庁に集まる野良猫。後ろは県議会議事堂

 「猫ブーム」の中、甲府市の山梨県庁に多くの野良猫が集まり、話題になっている。が、近くの飲食店などからは苦情が相次ぎ、県は来庁者に餌を与えないよう呼びかける。自宅で猫を飼っているという後藤斎(ひとし)知事は会見で、「猫には癒やしがあるが、マイナスの部分を与えてはいけないと考える人もいる」として、県庁内で「共生」のあり方の検討を始めたことを明らかにした。一方の猫たちは、そんな騒ぎもどこ吹く風で、今春オープンした議事堂横の中庭の芝生にも侵入し、日々のんびりと過ごしている。

  熱心なファン

 県庁内を拠点とする猫は数多く、一度に10匹以上が確認できる時間帯もある。市のメーンストリート「平和通り」に面した県議会議事堂前の一角では、足を止めて撮影したり、餌を与えたりする人も。

 周辺の人に聞くと「ここ1、2年で急に増えた」という。餌を与える一部の人に反応して、集まるようになったとみられる。

 白、黒、三毛…。さまざまな猫が気ままに過ごす光景と、背後に建つ議事堂のギャップはユーモラスな感じもあり、足を止める人の姿も目立つ。

 大学生の女性は「こんな所に多くいるなんて。すごくかわいい」と猫たちにカメラを向けた。

以下ソース
http://www.sankei.com/premium/news/161120/prm1611200011-n1.html

Read more of this article »



Posted in どうぶつニュース

ai-1479773884-24-0.jpg
11月 22nd, 2016 by わんにゃんまとめ王国管理人


1 :野良ハムスター ★ 2016/11/22(火) 09:18:04.62 ID:CAP_USER9.net
北海道大や東北大などの研究チームは22日までに、殻を振り回して天敵を撃退するカタツムリが、北海道やロシアのウラジオストク周辺にいることを発見、英科学誌電子版に発表した。天敵に遭ったとき殻に引っ込むのではなく、殻を振り回す「攻撃的防御」をするカタツムリは極めて珍しいという。

研究チームは北海道の固有種エゾマイマイ約20匹を、天敵のオサムシなどと一緒に飼育ケースに入れて観察。オサムシがかみつこうとすると、エゾマイマイは殻を左右に振り回して反撃し、追い払った。ウラジオストクなどロシア極東の固有種も同様の実験で、殻を振り回す行動を見せたという。


http://this.kiji.is/173567186341398012

Read more of this article »



Posted in どうぶつニュース