洗濯機「ガタタタタww」 ネッコ「」イララァ



31 :名無しさん@おーぷん
ワイん家のネッコはトイレ以外でもおしっこするんやがどうすればいい

http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1479834839/
62 :名無しさん@おーぷん
ンゴォオオオオオオオオオオ
66 :名無しさん@おーぷん
まだ2歳なんやけど年の差ってどれくらいつけるんや
68 :名無しさん@おーぷん
あと可愛がる比率は
先住猫6:新参猫4くらいにするんやで
新参猫のことは先住猫が見てくれるから干渉しすぎてはいけない
先住猫がヤキモチやかないような配慮が必要
69 :名無しさん@おーぷん
動物嫌いレスちらほらあったからやめたのに
時間差で伸びてて草

続き要るんなら書くで

77 :名無しさん@おーぷん
ネッコ「また団子(ゴマ)食べとるな舐めさせて」

彡(゚)(゚)「砂糖はあかん言うとるやろ」

ネッコ「…」

彡(゚)(゚)「またゴマ食べて大丈夫か調べなあかんやんか……目に良い…なるほど」

彡(^)(^)「胡麻擂って無塩無糖アンコにかけたで」

ネッコ「ウンムウンムウンムウンム」←夢中になって食べてると声が出る

彡(゚)(゚)「変な猫やな」

78 :名無しさん@おーぷん
ほっこりするわ
定期的にやれ
80 :名無しさん@おーぷん
あんこ作るのめっちゃ大変やろ
86 :名無しさん@おーぷん
ネッコ「ああなんやこれなんやこれ!」フンゴフンゴ

彡(゚)(゚)「何興奮してんねんオカラやぞ」

ネッコ「フンゴフンゴ!くれ!」

彡(゚)(゚)「変な猫や…」

(タンパク質に反応してる模様)

87 :名無しさん@おーぷん
???「ザリッ…ザリッ…ザリッ…ザリッ…」

彡(゚)(゚)「?」

ネッコ「ザリッ…ザリッ…」アルミ容器舐め

彡(゚)(゚)「不気味や」

————————————–

???「ガッサガッサガッサwww」

彡(゚)(゚)「??」

ネッコ「ガッサガッサガッサwww」ビニル袋舐め

彡(゚)(゚)「やめろや飲み込んだらウンコ詰まるで」

88 :名無しさん@おーぷん
ネッコ「ケホッ」

彡(゚)(゚)「ん?」

ネッコ「ケホッ!ケハァアアアア!!」

彡(゚)(゚)「あああああああ!!」

ネッコ「ケホォォォ!!!オエッ!」毛玉ゲロー

彡(゚)(゚)「まーたワイのPS4ゲロまみれや」

89 :名無しさん@おーぷん
彡(゚)(゚)「!!ンホォ!!ああああ落ちた!!」

TV『YOU DIED(デェーーン)』

ネッコ「!!!!」←吃驚

————————————-

タコ「チリンチリーン」

彡(゚)(゚)「こわE」

タコ「!!!!」

彡(゚)(゚)「はぁああああああああ!!!きたあああああああ」

TV『YOU DIED(デェーーン)』

ネッコ「!!!!」←吃驚

90 :名無しさん@おーぷん
オリーブ油舐めるの何でやろ
91 :名無しさん@おーぷん
Youtube猫動画『にゃ〜ん笑』

彡(゚)(゚)「ええやん」

ネッコ「どこにおるんや?出てきてクレメンス」テレビの周りグルグル

ネッコ「前からみたら居る、後ろにまわったら居ない…ここかな?ここから声がするんや!」スピーカーガリガリ

彡(゚)(゚)「あああああああ」

93 :名無しさん@おーぷん
実家帰省

彡(゚)(゚)「ただいま」

ネッコ「クンカクンカ…クンカクンカ…」←家中嗅ぎ回る

実家ネッコ「なんやこいつ(怯)」
ネッコ「ああああ!ワイと同じのや!遊んでクレメンス!!!!」
実家ネッコ「うっざ!あっちいけや!!」
ネッコ「そんなこと言わんと構ってくれやー」

その夜

彡(-)(-)「なんか唸り声するンゴ…」

実家ネッコ「ンォー グルルル(お前ええ加減にせえよ)」←首根っこガブリしたままマウント

ネッコ「すみませんでした調子にのりすぎました本当すみません」←組み伏せられ

95 :名無しさん@おーぷん
ネッコ「マッマ!」オッパイチュッチュ!

実家ネッコ(雄)「…」←クッソ迷惑そう

96 :名無しさん@おーぷん
ネッコ「あっ、ダンボール箱やんけ入ったろ」

持ち手用の穴「 (●)(●) 」

彡(゚)(゚)「はぇー夕飯つくらな」ウロウロ

持ち手用の穴「 (●)(●) 」

彡(゚)(゚)「まずは野菜用意してー…と」ウロウロ

ネッコ「うおおおお!!」バァーーーーン!!

彡(゚)(゚)「ひえ〜!いきなり飛び出してくるなや」

ネッコ「本能でつい…」

97 :名無しさん@おーぷん
ネッコ (l)(l)ジー

彡(゚)(゚)「なんや」チラッ

ネッコ (●)(●)クワッ

彡(゚)(゚)「ヒエッ」

98 :名無しさん@おーぷん
彡(゚)(゚)「コーヒー買ったらミニカーおまけについてたわ、お前にあげるでどっちがええ?」

ネッコ「ランボルギーニムルシエラゴ」

彡(゚)(゚)「ファッ?!ポルシェは?カエルっぽいやろ」

ネッコ「ランボ一択」

彡(゚)(゚)「うーん」

99 :名無しさん@おーぷん
彡(゚)(゚)「カラカラ鳴るネズミさんのオモチャやで!」

ネッコ「はよ放ってクレメンス!!!!」 

彡(゚)(゚)「ほいっ」ポーーイ

ネッコ「持ってきたで、もう一回や!」

彡(゚)(゚)「ほれっ」ポーーイ

〜その後〜

ネッコ「持ってきたで」

彡(゚)(゚)「よく飽きんな、で…なにこの灰色の平たい物体」

100 :名無しさん@おーぷん
ネッコ「オエーッ」

彡(゚)(゚)「あーあ片付けるで、ってなにこの灰色の平たい物体」

彡(●)(●)「ネズミのオモチャ禁止や!!危なすぎィ!!」

101 :名無しさん@おーぷん
猫が本気でかじるとオモチャなんかすぐ壊れるからね仕方ないね
103 :名無しさん@おーぷん
ネッコ「隙間やん!入ったろ!!」洗濯機の裏へ侵入

彡(゚)(゚)「あれ?どこいった?オオーイ」

ネッコ「ココダヨォ」

彡(゚)(゚)「どこやねん、オオーイ」

ネッコ「ココダヨォ」ガサガサ

彡(゚)(゚)「めっちゃきたない!風呂入れたる!!」

ネッコ「あああああああしぬぅ!!やめてーーー!!!」

彡(゚)(゚)「しなへんて!アホか!」ザブザブ

ネッコ「あーほっぺのとこも洗って」スリスリ

彡(゚)(゚)「テノヒラクルーやな」

105 :名無しさん@おーぷん
わいの猫ずっとわいの布団の上におるンゴ…邪魔なんじゃ!
106 :名無しさん@おーぷん
彡(゚)(゚)「椅子新調したで」

ネッコ「ほーん、で?」

彡(^)(^)「背もたれがメッシュで蒸れないんや」

ネッコ「ほー」

ネッコ「バリッバリッ」ツメトギーー

ネッコ「ええやん」

彡(●)(●)

107 :名無しさん@おーぷん
彡(^)(^)「新しいソファやぞ!イノベーターのユニットソファ3つや!」

ネッコ「ええやん!寝心地最高や!」

〜二年後〜

彡(●)(●)「廃墟に何十年も放置されたみたいになってるンゴ、ボロボロや」

108 :名無しさん@おーぷん
ネッコがマムシに噛まれた時は焦ったンゴねぇ
病院の先生曰くネッコはマムシの毒ではまずしなへんらしいけど
129 :名無しさん@おーぷん
あわせて30万する家具を貰える藁に座っといたらいいような猫好きの元パソコンショップ店員現サラリーマン野生児ってよくわからん
134 :名無しさん@おーぷん
ネッコ「マッマが恋しいンゴ」フミフミ

彡(゚)(゚)「ワイがおるやろ大丈夫や」

ネッコ「さよか」フミフミ

彡(゚)(゚)「撫でたろ」

ネッコ「どうもどうも」鼻水ドバー

彡(゚)(゚)「ファッ?!」

(猫は機嫌がいいと鼻の頭がしっとりしてくる→もっと機嫌がいいと鼻水滴り落ちてくるゾ)

135 :名無しさん@おーぷん
ネッコ「ストーブあったかいンゴねぇ、極楽や」

彡(゚)(゚)「気持ちよさそうな顔、踊る大捜査線の柳葉敏郎みたい」

136 :名無しさん@おーぷん
彡(゚)(゚)「ブラシこうてきたで」

ネッコ「おもちゃか」

彡(゚)(゚)「違うでこうするんや」サッサッ

ネッコ「お!なんやじゃれてるんか?やっぱり遊ぶんやな!」ガブリッ

彡(^)(^)「痛E」

(短毛種はブラシより撫でてあげるほうが喜ぶゾ)

137 :名無しさん@おーぷん
139 :名無しさん@おーぷん
ネッコ「トゥッ!」ジャーーンプ

彡(゚)(゚)「グエーッ」ハラニチャクチー

140 :名無しさん@おーぷん
ネッコ「」天井の隅ガン見

彡(゚)(゚)「なんや?なんかおるんか?」

ネッコ「ん?」フリカエリー

ネッコ「」再び天井の隅ガン見

彡(゚)(゚)「なんか怖いんやけど」

142 :名無しさん@おーぷん
パソコンのブラウザお気に入り画面「sja#jptmesT-ag6%a3~wmjra2wm」

彡(゚)(゚)「な、なんやこれ」

ネッコ「あ、ちょっと前通るで」ガチャガチャ

彡(●)(●)

143 :名無しさん@おーぷん
寝る前に見てたスレ「pmb.3twptj4a1sm9qg15smd3ww」

人々「こいついきなりどうしたんや」
人々「狂ったか」
人々「なんか怖E」

彡(●)(●)

ネッコ「すまんな」

145 :名無しさん@おーぷん
Amazon通販

彡(゚)(゚)「んー購入画面まできたものの要らん気がしてきたやめよかな」

ネッコ「通るで」ガチャガチャ

「お買い上げありがとうございました」

彡(●)(●)

146 :名無しさん@おーぷん
彡(゚)(゚)「出掛けるでキャリーバッグに入るんや」

ネッコ「はーい!どこいくんやろか!」

彡(゚)(゚)「(病院やけど)お散歩や」

車「ブーンwww」
人々「ガヤガヤwww」

ネッコ「怖E!!おうち帰るゥーんだ!!」

彡(゚)(゚)「我慢やで」

ネッコ「ついたんか?」

彡(゚)(゚)「おう、でておいで」

獣医「ようこそー」

ネッコ「あああああ!!!!!」

147 :名無しさん@おーぷん
ネッコ「お出かけ嫌いや、ろくな目に合わんで」

〜数ヶ月後〜

彡(゚)(゚)「お出かけやで」

ネッコ「はーい!(歓喜)」キャリーバッグin

149 :名無しさん@おーぷん
彡(゚)(゚)「ペットショップや猫おるかな」

ネッコ「ペットショップいくゥーんだ!!」

彡(゚)(゚)「好きやなぁ」

ネッコ「どちら様ですか」ケージ越しクンカクンカ
店ネッコA「どちら様ですか」同上
ネッコ「おやあなたもどちら様ですか」同上
店ネッコB「そういうあなたこそどちら様ですか」同上

彡(゚)(゚)「全員に挨拶していきたいんか」

150 :名無しさん@おーぷん
よくもまあネタが尽きんな
158 :名無しさん@おーぷん
ネッコ「ピャーッ」手のひらに頭グシグシぶつける

わい「やきう見てんねん、向こう行けや」

ネッコ「ピャーッ」頭をわいの体に擦り付けまくる

わい「しゃーない、なぜたるわ」

ネッコ「グルグルグルグル」

わい「ここか?ここが気持ちええのんか?」

ネッコ「グルグルグルグル。」ガブッ

わい「ふぁ!?いった!なんやねん、なぜろ言うから撫ぜたのに!」

ネッコ「ピャッ」(・ω・`)

ネッコって撫でろ言うくせに撫でてると突然噛み付いてくるよね…

165 :名無しさん@おーぷん
日曜朝
ネッコ「グルグル」乗っかり〜フミフミ

わい「顔踏むの辞めて〜な」体の上から退かし〜

ネッコ「グルグル」体の上に乗っかりーフミフミ

わい「しゃーない、撫ぜたるわ」わしゃわしゃ

ネッコ「グルグ…スゥスゥ」

わい「起こしたくせに、わいの上で寝るなや…」猫退かし〜

ネッコ「シャーッ!」

わい「すまぬ、すまぬ。」

ネッコ「グルグル…スヤー」わいの上で寝り〜

わい「もうええわ、寝るか。」スヤー

168 :名無しさん@おーぷん
ネッコ「ソファにきて」

彡(゚)(゚)「ええで」

ネッコ「フミフミするから撫でて」

彡(゚)(゚)「わかったわかった」

ネッコ「ドルルルル」←ゴロゴロが激しい

彡(゚)(゚)「おーおー今日もエンジン快調やな」

ネッコ「ドルルルル…Zzz」

彡(゚)(゚)「なんや寝てもうたんか…じゃあワイは家事でも…あと風呂も入らな…そのあとはゲームしよ…Zzz」

ネッコ「Zzz」
彡(-)(-)「Zzz」

170 :名無しさん@おーぷん
ネッコ「ふぁああ〜」オオアクビー

彡(゚)(゚)「」指スッ

ネッコ「ほげぇ!ヴォエッ!なんか食うてもた!!!」

彡(^)(^)

171 :名無しさん@おーぷん
ネッコ「ピャーッ」犬襲い〜

わい「犬(12歳)、おばあちゃんやから、優しくしたって!優しくしたって!」

ネッコ「ピャーッ」犬バシバシ叩く

イッヌ「わふわふわふふふふ(超興奮)」尻尾振りまくり〜

わい「楽しそうやからええか。イッヌ多分Mやな。」

ネッコ「ピャーッ!」ガブッ

イッヌ「ガルルルゥ」

わい「噛まれた痛みは流石に許容範囲外なんやな…ネッコの噛む力強いからな分かるで〜。」

ネッコ「ナー(・ω・`) 」

わい「噛んだお前が悪い!」犬可愛がり〜

イッヌ「わふわふふわほほ」誇らしそうな顔し〜

ネッコ「ピャーッ!ピャーッ!ピャーッ!」走り回り〜

イッヌ「わふわふ…ゴホゴホ」興奮し過ぎてむせる

わい「年なんやから、落ち着き〜や」犬撫でり〜

ネッコ「ナー、ナー」頭をわいの体に擦り付ける

わい「イッヌに優しくせんかったから、撫ぜません!」

ネッコ「フーッ!」イッヌをガブリンチョ

イッヌ「キャイ〜ン」ションベン漏らし〜

わい「年やな〜、最近よう漏らす…悲しいな〜。」

172 :名無しさん@おーぷん
猫って懐かない生き物だと思ってました。
173 :名無しさん@おーぷん
ネッコ「ちゅっ!w」

彡(゚)(゚)「おっ珍しいな(歓喜)」

ネッコ「もう一回ちゅっ!w」

彡(゚)(゚)「大サービスやん、雪でもふりそやな」

ネッコ「ちゅっ!のふりして鼻ガブッ!w」

彡((●))((●))

174 :名無しさん@おーぷん
わい「イッヌ、ネッコ餌やで〜イッヌは体弱いからロイヤルカナンの消化器サポート、ネッコは元気やからサイエンスダイエットな〜」

イッヌ・ネッコ「(・ω・`) 」

わい「ちゃんと食べるんやで〜」

イッヌ「」チラッ
ネッコ「」チラッ

わい「ほな、わいの分の飯も作るわ。ちゃんと飯食うんやで〜」



イッヌ「」猫の餌食い〜
ネッコ「」犬の餌食い〜

わい「み〜た〜で〜!自分の餌食いなさい!」

イッヌ・ネッコ「??」自分の餌やで食い〜

うちの猫犬の餌が、犬は猫の餌が好きなんやが…

176 :名無しさん@おーぷん
猫あるある
かわいい
177 :名無しさん@おーぷん
彡(゚)(゚)「ネッコの食費なんて大したもんやないし贅沢なもん買ったろ」

ネッコ「まっずくっさ、いらんわ」ザッザッ(埋め動作)

彡(゚)(゚)「…こっちはどうや日本ペットフードの安いやつやでー」

ネッコ「まっしぐらですわ、ウンムウンム(声出る)」

178 :名無しさん@おーぷん
彡(゚)(゚)「おからの猫砂か、誤飲しても大丈夫らしいな身体によさそやしかってこ」

ネッコ「フンガフンガ(興奮)」

彡(゚)(゚)「なんや怪しいで…」

ネッコ「パクパクーッ!」

彡(゚)(゚)「ああああ流石に食べていくスタイルはあかんやろ!!」

ネッコ「気持ち悪い…オエーッ!!」

彡(゚)(゚)「そういやこいつワイがおから食べてたときもおかしなテンションやったな…あかんわ」

181 :名無しさん@おーぷん
ネッコ「ピャーッ」

わい「なんか、おもちゃあるかな?綿棒でええや。」綿棒を振る

ネッコ「にゃっ、にゃっ!」取ろうと頑張る

わい「取ってこい!」

ネッコ「」猛ダッシュ

ネッコ「にゃっ」ポトリ

わい「お前は犬か!取ってこ〜い!」綿棒ポーイ

ネッコ「にゃっ!」綿棒に向かってダッシュ

182 :名無しさん@おーぷん
おもちゃの流れに乗るで

彡(゚)(゚)「ほれほれ」猫じゃらしパタパタ
ネッコ「!!!」ダンッ!ダンッ!ドタタタ!

彡(゚)(゚)「ほれほれ遅いで」パタパタ
ネッコ「!!!!!」飛んだり跳ねたり

彡(^)(^)「ははまだまだやな!」パタパタ
ネッコ「今だ!!ここやぁ!!」手首ガブーーッ!

彡((●))((●))

彡(-)(-)「猫じゃらしの絡繰りを見破った上でワイを泳がせておいたな…見事や…」

183 :名無しさん@おーぷん
目見開いたまま震えてるの草生える
185 :名無しさん@おーぷん
ネッコて結構食べ物気をつかうやね
実家のネッコどもは年寄りばっかやから
なんか腎臓?とかに負担のないやつ食わされてるけど
ふざけたお値段してますわ
187 :名無しさん@おーぷん
ペキニーズ「ギャンギャンギャンギャンギャウギャウギャウギャウ!!!(威嚇)」

昔ネッコ「…」

ペキニーズ「ギャウギャウ!!!(噛む素振り)」

昔ネッコ「」前足スッ

ペキニーズ「ギャンギャンギャンギャン!!」

昔ネッコ「」ネコパンチバチーーーン!!

ペキニーズ「!!!!!!」高速逃

ペキニーズ(遥遠)「ギャンギャンギャンギャン!!」

昔ネッコ「なんすかあれ」

彡(゚)(゚)「アホやねん」

188 :名無しさん@おーぷん
当時の写真はないのでソックリさんで

ペキニーズと昔ネッコ

191 :名無しさん@おーぷん
ネッコの余裕な感じからして勝負読めてるんやろなぁ

やたらと吠え猛るのはあかん
小型犬ならシーズーみたいな賢い犬がええな

193 :名無しさん@おーぷん
喧嘩ではなく叱られているだけ定期
220 :名無しさん@おーぷん
>>219
おk

ネッコ「クッ…(真剣)」

彡(゚)(゚)「迫真顔…うんこするんやな」

ネッコ「!…(真剣二足立ち)」ポトッポトッ

彡(゚)(゚)「た、立った?!(クサッ」

ネッコ「…疲れたンゴ…寝る」

彡(゚)(゚)「そらそうよ」

221 :名無しさん@おーぷん
彡(゚)(゚)「グミうっま!!とまらんでー」

ネッコ「なにそれ嗅がせて」

彡(゚)(゚)「ゼラチンはタンパク質やし興味もちそうやな、砂糖入ってるから嗅ぐだけやぞ」

ネッコ「クンカクンカ…」

ネッコ「ないわー…」←ひいてる感じの顔

彡(゚)(゚)「なんやねん!おいしいんやで!」

ネッコ「ないわー…」←遠巻き

222 :名無しさん@おーぷん
トッリ「チュンチュンチュンチュンワールド〜♪」

ネッコ「 (●)(●) 」

彡(゚)(゚)「鳥さんきてるんか、目丸くしとるなぁ」

トッリ「チュンチュンチュンチュンワールド〜♪」

ネッコ「ケケケケ クケケケケ(奇怪)」

彡(゚)(゚)「解説すると獲物がいるのに狩れないフラストレーションを表す鳴き方らしいで」

ネッコ「…(二足立ち)」スクーッ

彡(●)(●)「また立った!」

彡(゚)(゚)「猫って人間がみてない時は二足歩行してるんちゃうか…カジートやんけ」

223 :名無しさん@おーぷん
人間が見てるとき

人間が見てないとき

224 :名無しさん@おーぷん
彡(゚)(゚)「仕事いく仕度せな」

ネッコ「なんやそれ」

彡(゚)(゚)「靴下やで、ほれ」頭に被せる

ネッコ「ファッ?!」高速後進

彡(^)(^)「ファーwwwすまんな取ったるで」

彡(●)(●) 遅 刻

225 :名無しさん@おーぷん
彡(゚)(゚)「そろそろ仕事いってきます、留守番たのむで」

ネッコ「待って待って!おしっこする」ザッザッ

彡(゚)(゚)「しゃーないな、はよしてな」

ネッコ「ええですまんな」

彡(゚)(゚)「片付けたで、ほないくわ」

ネッコ「待って!うんこもする!ック!(迫真)」

彡(゚)(゚)「はよしてくれよーこまるよー」

ネッコ「出なかった」

彡(゚)(゚)「なんやねん!もういくでーほな」

ネッコ「待って!やっぱりでる!ック!(迫真)」ポトッポトッ

彡(゚)(゚)「ああああ間に合わん」

〜職場〜

彡(●)(●)「なんとか間に合ったで心臓爆発しそうや」

226 :名無しさん@おーぷん
彡(^)(^)「今日は早起きして支度もさっさと済ませたからのんびりできるで」

ネッコ「ほならワイとのんびりしようや」

彡(^)(^)「ええでー」

ネッコ「ドルルルルドルルルル…Zzz」

彡(-)(-)「Zzz」

1 0 : 0 0

彡((●))((●))

228 :名無しさん@おーぷん
彡(゚)(゚)「ただいまー、くぁー眠いで」

ネッコ「ソファにくるんやで、まずは休憩や」

彡(゚)(゚)「あかん寝てまう、あーあかん…」

彡(-)(-)Zzz

ネッコ「洗濯機回しといたろ」ボタン、ピッ!w

ネッコ「他にもなんかしてた気がするけどワイにはわからないンゴ」

水のみ洗濯機「ゴウンゴウンwww」

彡(゚)(゚)「はっ!朝ァー!ってあれワイ洗濯したっけ…なんや濡れとるけど…」

229 :名無しさん@おーぷん
彡(-)(-)「ウーン口の中に違和感が…」モゴモゴ

彡(゚)(゚)「ファッ?!寝てる間に口に何か入ってるンゴ!まずっ!こわっ!」ペッ

彡(゚)(゚)「これは…カリカリやんけ…寝ぼけて食ったんかまさか…」

ネッコ「Zzz」

彡(゚)(゚)「ワイに食べさせてくれたんやろか」

232 :名無しさん@おーぷん
インフル

彡(゚)(゚)「(喉腫れて声も出ないンゴ、動かれへんしヤバい、ヤバい)」

ネッコ「どうしたんや」

彡(゚)(゚)「(動かれへんし実家に数日預かってもらったほうがええやろか)」

ネッコ「やばいんか、ん?」クンカクンカ

彡(゚)(゚)「(あかん目回る……)」

ネッコ「起きるんや!起きろ!」カオオシー

彡(゚)(゚)「アアア…(せやあかん水分とらなしぬ…)」

ネッコ「大丈夫かこいつ」ジーー

彡(゚)(゚)「(喉痛くて飲むのも一苦労や…扁桃炎も併発しとるな…こら病院いかなヤバい)」

ネッコ「起きろ!!」カオオシー

彡(゚)(゚)「(ワイまた気絶してたんか…病院!病院や!職場にも連絡せんと…)」

ネッコ「起きろ!!」カオナメー

彡(゚)(゚)「(ああああアカン!もうだめや救急車よばな途中で倒れる!!)」ピポパ

彡(゚)(゚)「タス…ケテ…タスケ…テ…(かすれ声)」

救急「ヒッ、イタズラか?!」

〜後日〜

彡(゚)(゚)「なんとか助かったですまんな手間かけて」

233 :名無しさん@おーぷん
ネッコ「ええんやで」

彡(゚)(゚)「1人やったらしんでたかもしれんわ、あんなにブツブツ意識途切れるのはじめてや」

ネッコ「実家でのんびりしてたからええで」

彡(゚)(゚)「マグロやらイカやら貰ったらしいな…贅の悦びを知りやがって」

234 :名無しさん@おーぷん
一人暮らしのインフルはほんま怖いで
流行性のインフルなら最悪しぬ
237 :名無しさん@おーぷん
ネッコ「イーーーックシ!!イーーーックシ!!」

彡(゚)(゚)「風邪かな?往診おねがいしよか」ピポパ

獣医さん「よろしくニキー!」 

ネッコ「ああああああ!!(怯)」

獣医さん「風邪じゃないですね、猫砂の粉塵でクシャミがでたのかな」

彡(゚)(゚)「なんや結局病気ひとつしないんやな!健康でええやんけ!」

獣医さん「せやね!ワハハ!」

ネッコ「怖くてストレスで具合悪くなるで(震」

238 :名無しさん@おーぷん
動物って獣医さんや動物病院を怖がるよなあ
239 :名無しさん@おーぷん
獣医をみると二周りくらい膨らんででかくなる

診察されているときは燃え尽きて灰になったかのような虚ろな感じ

240 :名無しさん@おーぷん
彡(゚)(゚)「予防接種いくで」

ネッコ「?」

獣医さん「ようこそ」
看護士「いらはい」

ネッコ「あああああああああ!!!!!」

看護士「バックしてますね、飼い主さん押さえてあげて」

彡(゚)(゚)「は、はい」オシリグイー

ネッコ「ひぃえーーーー!!!!」

獣医さん「うおっ、凄い力だな、あららあかん、クリップクリップ」

看護士「はいはい」首の皮ハサミー

ネッコ「」クター

獣医さん「ほないくで」注射、ちゅっ!w

ネッコ「」クター

獣医さん「ついでに爪きろうか」

彡(゚)(゚)「名案やね」

ネッコ「」クター パッチンパッチン

看護士「ほなクリップ外すで」パチッ

ネッコ「ああああああああああああああ!!」

彡(゚)(゚)「帰るまでクリップ借りれませんか」

241 :名無しさん@おーぷん
パッパ(猫好)「ネッコようきたな」

ネッコ「シャーーーーッ!!(おこ」

オトウット(猫好)「お、ネッコや しばらくぶり」

ネッコ「シャーーーーッ!!(おこ」

マッマ(猫好きでも嫌いでもない)「ネッコちゃん」

ネッコ「うなんな(普通)」

彡(゚)(゚)「ネッコ」

ネッコ「うなんな(普通)」

彡(゚)(゚)「父&弟=デブ、ワイ&母=痩せ。デブ探知器やね」

242 :名無しさん@おーぷん
彡(゚)(゚)「なんでうちのネッコはデブにつらくあたるんやろ」

ピンポーン

水道業者「配管の水漏れチェックにきましたー」

彡(゚)(゚)「あーどうぞ、配管ここですー」

水道業者「お邪魔しますー!あ、猫ちゃんいるんですねー!」 

ネッコ「シャーーーーッ!!(膨)」

彡(゚)(゚)「これこれ!すみませんねどうも」

水道業者「あらら人見知りですね、うちにもいるからわかりますよー!」

彡(゚)(゚)「(太ってる人限定なんすよ、とは言えないわな)」

243 :名無しさん@おーぷん
もしかして太ってる=怒って膨らんでると思ってるのかもしれない…わからんけど
244 :名無しさん@おーぷん
元カノ「ネッコちゃーーん!!かわいいー!!!」

ネッコ「(怯)」

元カノ「かわいいー!!!かわいいー!!!」バタバタ

ネッコ「シャーーーーッ!!(膨)」

元カノ「ヒィアー(泣)嫌われたぁ(泣)」←ガチ泣き

ネッコ「フゥーッ!!(激おこ)」

彡(゚)(゚)「(痩せろとは言えんなぁ)」

245 :名無しさん@おーぷん
彡(゚)(゚)スタスタ カイダンオリー

彡(゚)(゚)「あら下におったんか」

ネッコ「!!!(膨)オォンアォン!!(背丸爪先立威嚇)」

彡(゚)(゚)「なんやねん、ワイやワイ」

ネッコ「あ、なんだ脅かすなよ」スリスリ 

(猫はそれほど視力が良くないゾ、ピントが合ってる一部分だけは妙にクッキリみえるだけの少し不便な目や)

246 :名無しさん@おーぷん
彡(゚)(゚)「シャワー浴びてくるわ」

ネッコ「いってら」

〜しばらくして〜

彡(゚)(゚)「はーサッパリや、この時期は風呂上がり寒いなしかし」

ネッコ「おう寒いで、はよ二階いこうや」

彡(゚)(゚)「寒い中ムリして地階の風呂場間で迎えにこんでええで、寒くて膨らんでるやんけ」

247 :名無しさん@おーぷん
彡(゚)(゚)「うんこ漏れそうや…」

ネッコ「どないしたんや」

彡(゚)(゚)「うんこしてくるで(焦)」 
 
ブッチッパッ

彡(゚)(゚)「はースッキリや、ただいま」

ネッコ「ワイを置いてどこいってたんや!」スリスリスリスリスリスリスリスリスリスリスリスリ

彡(゚)(゚)「うんこしてきただけで、生き別れた親子の再会みたいなノリやめてクレメンス」

248 :名無しさん@おーぷん
彡(゚)(゚)「この口がかわいいんや」ツンツン

ネッコ「」パクッ

彡(゚)(゚)「あ、かじった」

ネッコ「Zzz」

彡(゚)(゚)「かじったまま寝たで…口の中観察したろ」

249 :名無しさん@おーぷん
彡(゚)(゚)「家事やる気しないンゴ」ゴロゴロ

ネッコ「(スッ)」ウデマクラー 

彡(^)(^)「腕枕中やし起こすのも悪いから家事は後回しやな!せやそうしよ!」

250 :名無しさん@おーぷん
熟睡ネッコ「Zzz」ビクビクビクンッ

彡(゚)(゚)「ファッ?!痙攣した!なんでや!」ググリー

彡(゚)(゚)「夢を見てると…なるほど」

熟睡ネッコ「Zzz」ビクビクビクンッ

ネッコ「ハッ!!なんやなんや?!」ビクーンッ

彡(゚)(゚)「落ちる夢でもみたかな?(体験談)」

251 :名無しさん@おーぷん
ネッコは寒いと膨らむよな
持ち上げると想像以上に長くてビビるワイ
254 :名無しさん@おーぷん
大量投下いいぞ
もっとや
255 :名無しさん@おーぷん
寝る前に猫豆知識(飼い猫選び性別編)

猫の性格は個体差が大きいので参考までに
大まかな行動原理の説明として。

懐いた雄猫は愛嬌をふりまく
懐いた牝猫は母性をふりまく

雄猫は猫界においても気ままな生き物で
雄自身は決まった周期の発情期さえもたない
食って寝て縄張り維持のためウロウロする生活(そうして縄張り内に住む牝猫の発情期を待つ)

ペットとして飼うと精神的には子供のまま、飼い主を親兼兄弟のように扱う、飼い主の行動や生活サイクルを真似て学ぶ。
そのため芸ができる猫は雄に多く、生活の中で勝手に沢山のことを学んで覚えるので知性に感心する機会も多い。本能が薄れて人間臭くなっていきやすいのも雄の特徴。
独身生活を営む男女、または子供の居ない夫婦にオススメできる楽しい共生相手といえる。
環境への適応力も高い、ただし飼い主の家族が減るといったことには敏感でストレスを感じ体調を崩すこともある(入院とか単身赴任とかで誰かが居なくなる等)。

牝猫は猫界において繁殖に重要な責任を持つ、強い雄を選別し、より良い環境を選び子育てを行うため、同種の牝と連帯することもある。決まった周期の発情期を持つのは牝のみで、雄を呼び寄せ、弱者は自ら叩きのめして追い返す。
良い雄がいても環境が整わない、自身の体調や栄養状態が万全でない場合は育児放棄をし次の出産への備えを優先する。育児放棄は人間の過干渉でも起こる。
なお猫の牝同士で託児や共同子育てを行う場合もある(特に離乳直後はそういった事が増えてくる)。
一度育てるとなれば、母性が非常に強く愛情深い、そして根気強く子供を守り育てる(強いが故に間引きの基準も厳しいが)。
こうなると敵が熊でも逃げないくらい勇壮になる。

牝が飼育下にいて懐いた場合、飼い主を同族の牝同士、または(狩りがまだできない程度の)子供として扱う。

有名なところでいうと「乳幼児の子守をする猫」「赤ちゃんに何かを教える猫」
「猛犬から子供を守った猫」「余命幾ばくもない老人に付き添い励ます猫」などは大概牝猫で、「無力な庇護対象」と思える相手に対して母性を注ぐ。また妊婦や病人に優しい。
(因みに妊婦限定で言えば雄猫も途端に優しくなる)

老人や子供を含むご家庭にオススメできる。
どんな生き物であっても母性というのは素晴らしく温かい。
特に子守猫は新生児を迎えた家庭に成猫がいれば比較的簡単に見られる。



注意点として牝猫は躾や教育に対して、本能と反する事にはあまり理解を示さない性質を持つ。飼育する場合は不都合が表面化しずらい環境作りが肝要となる。
環境の変化に対して非常にナーバスな点も注意が必要。

hayabusa-1479834839-23-0.gif


★他の人はこんな関連記事も見てます↓


同じカテゴリ・関連ページ