【深いい話】 盲導犬がイヌの本性を現わすとき……!



IMGP9106-thumb-300x199-2342 blog1118

ハーネスを付けている時とのギャップに驚き。色々と考えさせられるお話です。

SASAKI SUMI 盲導犬が 本当の自分になった時の様子が 目に見えるようです。普段は じっと自分の仕事に集中していても ハ-ネスを外すと普通の犬に戻るんでしょうね。

自分をころして じっと耐えて 一生懸命なワンちゃんに感動と感謝の涙が出てしまいました。
これからも人間のために頑張ってくださいと 応援したいです。

iwa katai 私も駅で盲導犬見かけますが、すごく厳しい顔してますね。

目だけぎらぎらさせて、もはや犬に見えない。
五感を研ぎ澄ませて、全身をセンサーにする様子は、動画で見た訓練中の自衛隊の精鋭部隊と同じ表情。
東京のベッドタウンなので23時近い電車なのに、混んでて。人の波が切れるのを待って階段を上がろうと、脇によって待っている彼(彼女?)は、人間をゆうに上回る使命感をみなぎらせていました。
私は一生の中で、あんな緊迫感のある顔をすることがあるのかな。
あんな風に仕事しないといけないな、と思いますね。犬なのに、なんて思えなかったです。

Ra Buddhy 普段から、《自由》にしてやれないのか?

柊澄尚緒 人間は ペットして可愛がる犬と盲導犬とを無意識のところで比較していると思います。

片や可愛い服を着せて ペットを連れて行ける喫茶店でワンちゃん用の美味しい食事を与え 旅行にも連れて行く。まるで我が子のように。

片や不自由な人間の為に日々訓練をさせ 公共の場に不自由なくリードするよう教え込ませる。
これを仕事という。

でも犬は、我が子のように扱われていることも仕事だともいう概念そのものがないのだからどれが幸せでどれが苦労かなんて比較して生きてるわけがないと思う。

それが当たり前。

可愛いがられるのが当たり前。

訓練されて教え込まれて褒めてもらって教わった通りのことをする それが当たり前。

犬にとってはそこまでしかないのでは?

ハーネスを外されて犬らしく人間に戯れるのは訓練を受けてきた日々毎日の習慣とのメリハリが犬ながらにわかっている犬ならではの賢さの反映であって
ハーネスをつけられると身についた教えが従順に切り替わる本能のようなものが身についているからで 
ハーネスをつけると緊張感を高めて仕事に殉ずる意識なんてものはないのではないでしょうか?
緊張に緊張を重ねていたらストレスによる悪影響が体に現れると思います。

この動画は 人間目線での人間を介助する犬を 犬本来の姿を制御する 人間が人間の為に 犬をコントロールさせることの扱いを着眼点に考えさせられる仕上がりになっていると思います。

賛否両論あって当然。
人それぞれの思考の違い。
感性の違い。
共感できる できないを一々感想に述べる必要はないと思います。

そもそも人間世界の中での介助という仕事を犬は認識できるものなんでしょうか?

rock1114 そもそも盲導犬は、訓練士と盲人と皆の愛情を受けないと盲導犬にはなれません。普通の家庭犬でもトイレや一般のマナーを教えるように、盲導犬も飼い主さんが愛情を持って育てます。ただし、盲導犬になるには資質必要です。例えば、ほかの犬に吠える、クルマの音や騒音におびえる・・・等の犬達は、訓練を受けづ一般家庭へ行きます。沢山の愛情を受け人間に喜ばれるのが嬉しくてしょうがないのは盲導犬も一般の家庭犬でも同じですよ。最後に盲人にとって盲導犬は「心を支える。かけがえのないパートナー」です。





引用https://www.youtube.com/watch?v=It0Kf49IrWg



★他の人はこんな関連記事も見てます↓


同じカテゴリ・関連ページ